私たちに関しては
日本のビエッセ

日本市場で25年の実績

 

イタリアの木工機械メーカーであるビエッセは、1989年以来、世界的にその存在感を高めてきました。アジアにおいて、ビエッセは20年以上にわたって当分野の最も重要な企業のひとつとなっています。 2015年にはマレーシアのクアラルンプールにオフィス、技術センター、倉庫を備えた地域ハブを設立し、東南アジアや東アジアの国々にサービスを提供するための体制を強化し続けています。

"地域のビジネスニーズは国ごとに異なります。 そのため、リージョナルハブやその他の子会社をアジアに設立することは、現地の市場やビジネスに対してより効果的かつ効率的なサポートを提供するために必然的なことなのです。"

日本では、2017年度にカントリーオフィスを設置し、その後、2021年3月にビエッセの日本法人としてビエッセジャパン株式会社が設立されました。現地でのサービスをさらに充実させるため、関東・関西を中心に日本語を話す専門家チームが日本全国をカバーしています。

現在、日本には250台近くのビエッセのマシンが設置されており、その中には日本国内で非常に評判の高いブランドの工場も含まれています。

あなたに最適なソリューション

お客様のニーズを最優先に

ビエッセは、お客様のビジネスニーズを理解し、実現するために努力しています。それぞれのビジネス要件に最適にカスタマイズされたソリューションを常に用意しております。
ご連絡いただければ弊社のエキスパートがご相談を承ります、工場の生産効率を今すぐ向上させましょう!
Close
Contact us. We are here to help.
What are you interested in? Click on what you're interested in and send us your message with the requested information. We will contact you as soon as possible.
Go to top of page