Machining centres for plastic machining operations MATERIA CL: 写真 1
MATERIA CL

高性能で多目的に使える5軸式マシニング・センター

画期的な技術を有する抜群の加工作業

Materia CL は、多目的でコンパクトな5軸式マシニング・センターのシリーズで、先端材料や複合材料、および金型のための特殊樹脂または成層樹脂のフライス加工に関する幅広い高速加工需要や、熱成形部材の加工、珍しい形の3D部材、航空、ボート、自動車産業用のコンポーネントに対応します。

Machining centres for plastic machining operations MATERIA CL: 写真 2
+
Machining centres for plastic machining operations MATERIA CL: 写真 3
高性能のフライス加工用電動スピンドルは、加工作業の種類により 3つのサイズ (6.5 Kw, 11 Kw and 15 Kw) がご利用できます。
+
Machining centres for plastic machining operations MATERIA CL: 写真 4

取り外し可能なパーティションを作業エリアに設置し、振り子加工ができるようにします。オペレーター様は、マシンの作業中に、部品のローディング/アンローディングができます。マシン内部の電気センサーがオペレーター様の安全を保証します。

どんな種類の加工作業にも総合的な精度を提供
最新の Materia CL ガントリー・マシニング・センターは、自動車製造、航空宇宙、航海分野の3D部材のフライス加工および切削加工にとくに適しています。
クリエイティブな技術
多目的性、精度、ダイナミズムが Materia シリーズの強みです。非常に多彩なプラスチックおよびコンポーネントに対応できる数値制御マシニング・センターは、精度と変らぬ信頼性を保証します。
ユーザーフレンドリー
Materia CL ではOsai と Siemensis という 2種類の異なる 数値制御方法が 利用可能で、これにより 市場のあらゆる需要に 対応します。
Machining centres for plastic machining operations MATERIA CL: 写真 5
究極のカスタマイズ化
Materia CL は、4種類の異なる作業表面に対して構成できます。すなわち、オープン・グレーティング、グリッド成層化フェノール樹脂、焼成アルミニウム、鋼材から得られる「T」スロット附きの焼成アルミニウムです。
Machining centres for plastic machining operations MATERIA CL: 写真 6
Machining centres for plastic machining operations MATERIA CL: 写真 7
Machining centres for plastic machining operations MATERIA CL: 写真 8
Machining centres for plastic machining operations MATERIA CL: 写真 9
ビデオ

Biesse Materia CL - 熱成形コンポーネントのトリミング

5軸ヘッドによる熱成形部材のトリミング。Materia CL は、多目的でコンパクトな5軸式マシニング・センターのシリーズで、先端材料や複合材料、および金型のための特殊樹脂または成層樹脂のフライス加工に関する幅広い高速加工需要や、熱成形部材の加工、珍しい形の3D部材、航空、ボート、自動車産業用のコンポーネントに対応します。

Biesse Materia CL - ワンショット法で複合材を加工

単一フライス加工プロセスにおけるカーボン・ファイバー仕上げのビデオをご覧ください。BIESSE のすべての経験とDNAが先端素材市場部門に伝えられ、最も効果的で専門技術的なソリューションにより、お客様を補助します。

Biesse MATERIA CL - プローブ・サイクル

BIESSE のすべての経験とDNAが先端素材市場部門に伝えられ、最も効果的で専門技術的なソリューションにより、お客様を補助します。

Precision and versatility for growth in the food & beverage sector.
事例
Precision and versatility for growth in the food & beverage sector.
Precision and versatility for growth in the food & beverage sector.
Go to top of page